第6回折口信夫(釈迢空)勉強会・四天王寺『日想観』

 
 2016年3月20日(土) 第6回折口信夫(釈迢空)勉強会の最後は四天王寺「日想観」
 2001年秋に復活した四天王寺の法要に参加します。
 始まった頃は疎らだった人影も今では身動きが出来ないほど、この時期西大門前は良く通りますが、かく云う私も初参加です。
四天王寺到着。もう厳修も始まっててギリギリセーフ。
イメージ 1

鳥居の向こうに夕日が沈んでいきます。
イメージ 2

日想観です。
イメージ 3

瀧藤執事長の御導師のもと、左右に分かれてお経が唱えられます。
イメージ 4

西に沈む太陽を見て,その丸い形を心に留める修行法。
イメージ 5

西大門、別名「極楽門」の向こうに夕日。
イメージ 6

法要が終了した後お札を頂きます。
イメージ 7

数量限定、お札ゲット。
イメージ 8

式衆も帰り石畳はいつもの風景。あと少しで夕日は沈みます。
イメージ 9

この記事へのコメント